屋内向けデジタルサイネージ

subpage01

デジタルサイネージは屋内外で利用できますが、屋内向けはさまざまな特徴をもったタイプが多くなっています。
屋内向けはさまざまな電飾と映像装置が特徴的です。
電飾については音楽や映像と同調して動かすことが可能です。
ただし、プログラムは複雑になってしまうのが難点ですが、ノウハウを持つソフトハウスも多くなっています。映像装置については液晶だけではなく、VR対応や3D表示対応デバイスなどさまざま用意されることが多くなっています。

教えて!goo情報に対応した情報サイトです。

液晶についてはデジタルサイネージ向けは安く、大型化してきています。熱問題はありますが、設置場所が許せばユーザーに見やすいタイプが選ぶことが可能です。

デジタルサイネージの情報が更新されています。

デジタルサイネージは音響面でも進化してきています。音響については3Dサウンドが特徴となってきています。


3Dサウンドは左右のスピーカーの他に5.1Chスピーカー対応も進んでおり、立体的な音場を出せるようになってきています。
デジタルサイネージではユーザー目線でさまざまな表現が提案されてきています。

これまでは屋外での表現方法が多かったのですが、屋内でも表現方法が多彩担ってきています。

電飾や映像表示、音場の作成を通じてさまざまな表現方法が出ていますが、注目されているのが双方向性です。


タッチパネルを利用したり、場合によっては音声認識まで搭載したタイプも利用され、処理するコンピュータが小型化されてきたこともあってさらに個性的な表現方法が登場すると期待されています。



ためになる情報

subpage02

デジタルサイネージを導入して集客効果を上げましょう。看板やポスターで人目をひくのは難しいものです。...

NEXT

テクノロジーの秘密

subpage03

デジタルサイネージは手軽に使える広告塔として利用者が増えていますが、いくつか注意しておきたいポイントがあります。1つ目のポイントは設置場所です。...

NEXT

最新考察

subpage04

デジタルサイネージなら集客は簡単に行えるようになるものです。デジタルサイネージは店前にPRスタッフを置くよりはよっぽどコストがかからないものです。...

NEXT

デジタルの補足説明

subpage04

デジタルサイネージなら集客は簡単になります。売上を上げるためには集客を行うことが重要です。...

NEXT